CobaltBlue allows your PC to connect mobile networks.


CobaltBlue とは?

CobaltBlue は Bluetooth の DUN プロファイルを用いて 携帯電話のネットワークに接続するアプリです。
Java で DUN-GW をエミュレートするため、 root が必要ありません。 そのかわり、ネィティブアプリに比べ、 遅い、不安定、貧弱といった欠点があります。

Get it on Google Play

困ったら?


トライアル版

最初にトライアル版で動作を試していただくことが可能です。
なお、トライアル版には以下の制約があります。

  • httpポートしか使えない
  • 最大接続時間が10分
  • 連続接続回数2回
  • 広告付き

使い方

Windows:
少なくとも、LCP拡張とソフトウェア圧縮を無効に、 IPヘッダ圧縮を有効にしないといけません。

Mac:
CobaltBlueを再起動するたびに、 「Bluetoothデバイスを設定」をやり直さなくてはいけないようです。
どうしても繋がらないときには、Macを再起動するといいみたいです。

Linux:
# hcitool scan
で Android の HWaddr を調べてペアリングしてください。
# sdptool browse [HWaddr]
として、 CobaltBlue のチャンネルを調べてください。そして、
# rfcomm bind rfcomm0 [HWaddr] [ch]
# pppd /dev/rfcomm0 connect 'chat -v -f /etc/chatscripts/pap' noauth defaultroute lcp-echo-failure 0 noipdefault
で繋がります。

設定

電話番号:
"123" など、適当な番号を入れてください。

IPアドレス:
PPPクライアントに 192.168.10.100 、 Android 端末側に 192.168.10.1 が割り当てられるので、 デフォルトゲートウェイを 192.168.10.1 に向けてください。

DNS:
DNS は自動で 8.8.8.8 に設定されます。